トップの中の株式会社山庄の中の建築施工についての中の工事現場紹介:基礎工事

工事現場紹介

安心・安全の建物づくりを最優先に考える山庄の施工現場写真集です。施工内容は、土地や建物によって異なります。ご希望の方には、実際の工事現場見学も受け付けております。どうぞお気軽にお問い合わせください。

工事開始前:地鎮祭

建物を作る前に、その土地に鎮まる神々に建築する由を奉告するおまつりが地鎮祭です。土地を清め、工事の安全と、完成した建物が長く維持されること、住環境をお守りいただくことや、商売繁盛などをお願いします。

地鎮祭 地鎮祭 鎮物

お客様のご要望により、この地鎮祭・定礎祭鎮物の手配も弊社で行わせていただきます。

地盤づくり:杭打工事

地盤調査の結果に合わせて、地盤改良や基礎の補強を行います。建物と敷地条件に合った最適な基礎を設計することで、安心で安全な建物づくりがスタートします。

水盛り遣り方という、建物の位置や水平を決める作業が終わると、いよいよ本格的な工事が始まります。地盤の高低差をなくすため、余分な土を取除きながら掘削工事を行います。ドリルで所定の深さまで掘り、コンクリート製の杭を打込んでいき、地盤を作ります。

杭打工事 地盤づくり 地盤づくり

地盤づくり 地盤づくり

基礎工事:鉄筋組・コンクリート流込工事

砂利を締め固め、地面からの湿気が床上に上がらないように防湿シートを敷きます。床下の湿気は建物を傷め、強度の低下の原因になるため、湿気対策も重要な工程の一つです。

その後、型枠と鉄筋を組みます。右下の写真は、地面との接地面積を広く取り、地面にかかる圧力を低減するベタ基礎です。

基礎工事 ベタ基礎

コンクリート流込工事

基礎は筋金入り「ベタ基礎」を標準としています。布基礎工法に比べ剛性を高めた工法で耐震性が高くなります。床下をコンクリートで覆い、床下の湿気を防ぎ、シロアリの浸入も防止します。


コンクリート流込工事 コンクリート流込工事

工事現場紹介:耐震構造・安全対策へ

ページトップ